日焼け状態やニキビがあると脱毛できない?メンズ脱毛不可の条件と部分とは

脱毛不可の条件

今回は「脱毛施術が受けられない要因」についてお話ししていきます。

 

脱毛のメカニズムは「毛の細胞の黒色に反応する強い光を当てる」ことになり、レーザー照射の「可能・不可」が肌の状態や場所で変わります。

そのため、ある部分は脱毛できなかったり、ある機器・あるお店では施術が受けられなかったりと違いが生まれるのです。

 

まずは、一般的に「メンズ脱毛不可」とされている条件を見ていきましょう。

メンズ脱毛不可の条件

脱毛できないとされる一番の条件は「日焼けして黒くなっている肌」です。

 

冒頭でもお話ししたように、医療レーザー脱毛や光脱毛は「黒色」に反応して効果が期待されるものです。

つまり、肌が黒く日焼けしている状態だと、表面に強いレーザー光が当たるため、火傷の危険性があります。

また、表面に先に反応してしまい、本来の目的である「皮膚奥の毛母細胞」に光が届かなくなってしまうので、脱毛効果が無くなってしまうのです。

 

ちなみに、「どれぐらい肌が黒いとダメなのか?」というと、サーフィンをしている人や日焼けサロンで焼いているような人ぐらいですね。

施術を受ける店にもよりますが、日焼けして肌が黒く(赤く)なっていると受けれないと覚えておきましょう。

黒くなっている肌状態でも「ニードル脱毛」なら施術可能です。

理由は、ニードル脱毛は毛穴に針を差し込んで「電気の力」で細胞を破壊する方法なので、皮膚表面にレーザーを当てないため、火傷の心配がないからです。

ですが、ニードル脱毛は「半端じゃない痛み」があるらしく、1980~90年代に流行っていたものの、レーザー脱毛が主流となった今ではお勧めされていません。

ちなみに、私は怖くて体験すらしたことがない施術方法なのであしからず・・。

メンズ脱毛ができない部分・箇所

続いては「脱毛ができない部分・箇所」についてです。

日焼けしていない状態でも、以下の部分は脱毛施術ができません。

  • ホクロ
  • ニキビ
  • 肌荒れがひどい箇所

 

ホクロは先ほどと同じ「黒色」なので、メラニン色素が満載で施術できません。

ニキビは刺激に過敏な状態となっているため、強いレーザー光を当てれないためです。

また、肌荒れがひどい箇所もニキビと同様に、施術できない箇所になります。

 

ただ、「アゴの一部にニキビがあるから、脱毛を受けれないのか・・?」というと違います。

ニキビがある箇所にテープを貼られるだけで、他の部分についてはふつうに脱毛してもらえるので、「その部分だけ避けられる」と思っておいて下さい。

脱毛クリニックと脱毛サロンによって異なる条件

余談の話になりますが、「脱毛サロンでは肌トラブルになりそうな状態は施術不可」になることが多々あります。

つまり、少しでも「これは脱毛すると危険かな・・?」とエステティシャンに判断された場合、そこは脱毛できなくなるのです。

 

【まずは違いを説明】

脱毛クリニックは「医師の診断」が初回の肌チェック(診断)必ずあります。

また医療行為が行えるので、効果の高い医療レーザー脱毛が受けれたり、肌トラブルが起こったときも安心です。

そして施術を受ける場合は「看護師」さんに行ってもらえます。

 

対して脱毛サロンは「医師・看護師」が不在で、施術が行えるかのチェックも不明瞭です。

そして医療行為は行えないので、照射レベルの低い「光脱毛」しか受けれず、肌トラブルになっても治療できません。

 

そのため脱毛クリニックなら問題なく施術できたけれど、脱毛サロンだと

  • 赤みが多少あるから脱毛できない
  • 肌の乾燥がひどいから脱毛できない
  • 陰部の内側付近は脱毛できない

のようになるケースが多いです。(実体験)

 

脱毛サロンは、トラブルが起きた際に責任を持てないので、前段階で危なそうなら「施術不可」になってしまうわけですね。

仕方ないとは思いますが、肌が弱い人の場合だと脱毛不可の部分がたびたび出てきてしまい、最終的な脱毛完了までに時間がかかってしまいます。

肌が弱い人は医療レーザー脱毛が受けれるクリニックが最適

「オレは肌が強いから問題ない!安いほうが嬉しいぜぇえええええええ!!」

「オレは肌がすぐ赤くなってしまうし、カミソリ負けしてトラブル勃発中だから不安だな・・・」

 

あなたは上記のうちどちらのタイプですか?

脱毛サロンも脱毛クリニックも、向き不向きがお互いにあるので、自分に合ったところを探す必要があります。

 

ただ、肌が弱くて不安があるような場合は、迷わず「脱毛クリニック」を選びましょう。

肌トラブルが発生したときに心強いですし、自分の理想的な脱毛を受けれる可能性がグンと上がりますからね!

(サロンだと不可案件が多発するかも)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です