メンズ脱毛完了したら綺麗な状態が保たれる? – 脱毛効果の持続性と注意事項

「メンズ脱毛って一度終わらせれば、もう毛は生えてこないの?」

「効果の弱い光脱毛でも、何度も施術を受けておけば、綺麗な状態が保てる?」

 

お答えしましょう、答えは「YES」です!

言葉のニュアンスの違いで「毛が生えてくる」ということはありますが、基本的には、脱毛効果に持続性はあります。

今回は、「なぜ持続性があるのか?」ということや、「注意事項」についてお話ししていきます。

メンズ脱毛の効果は持続性があり、一度脱毛完了すれば生えてこない

綺麗なツルツルのタマゴ

現在主流とされている「医療レーザー脱毛」は、毛が生えている皮膚の奥にある「毛母細胞」を特別な光を照射して破壊します。

毛母細胞は1度破壊されると復活することはないので、脱毛施術後は毛が生えてくることはありません。

そのため、脱毛効果には持続性があると言えるわけです!

 

ただし、医療レーザー脱毛は効果が強く、1回の施術で「毛母細胞を破壊できます」が・・・

光脱毛は効果が弱く、「毛母細胞を弱らせることしかできない」ため、何度も施術を受ける必要性があります。

 

また、毛には毛周期という「生えかわりサイクル」があるので、一度に脱毛できるのは「全体の20%」と思っておいて下さい。

後の80%は現在生えている毛が抜けたあとに、皮膚からニョキニョキ出てきます。

脱毛効果は、毛が「成長期」の状態でしか作用しないため、何度もメンズ脱毛クリニック・サロンに通う必要があるわけですね。

ただし、産毛のような色の薄い毛は残る

「脱毛効果は持続する」ことを先にお話ししたんですが、産毛のような色の薄い毛は脱毛できない場合があること知っておきましょう。

つまり、「ちゃんと脱毛できた毛はもう生えてこない。けど、メカニズム的に脱毛できない毛はわずかに残ってしまう」わけです。

 

光を照射して脱毛する(医療レーザー脱毛・光脱毛)方法の場合、光が毛母細胞の黒色(メラニン色素)に反応して脱毛ができます。

でも、産毛のような黒色が薄い場合は、光が作用しないため、どうしても残ってしまうのです。

 

ただ、産毛なんてほぼ目につきませんから、「まぁしゃーねーわな」で済ませるので気にしないでも大丈夫ですね(笑)

※ニードル脱毛という方法であれば、産毛であっても完全に脱毛できる
※ただし相当痛くて手間がかかるらしい

脱毛タイミングによっては「休止期」だった毛がポツポツ生えてくる

よくYahoo知恵袋などで見るんですが、

「脱毛したのにまた毛が生えてきたんだけど?永久脱毛じゃなかったの?嘘なの?」

というような質問があったりします。

それは、脱毛のメカニズムである「成長期の毛にしか脱毛効果がない」ことが関係していて、「施術を受けるタイミング・施術回数」が毛が生えてくる理由になっています。

 

たとえば、脱毛を8回受けて綺麗な状態になったとしましょう。

「ああ、これでオレは一切毛がないツルスベ肌を手に入れたんだ…やったぞ!!」

と嬉しくて歓喜しますよね(笑)

 

でも、「ずっと休止期」だった毛があったとすれば、その毛はまた生えてきます。

休止期の毛には脱毛効果が出ないため、脱毛タイミングによっては毛が残ってしまうわけです。(定期的に通えなかった場合など)

 

また、脱毛回数が「3回や4回」の場合は、「成長期・休止期」に関係なく、おそらく20%ほどの毛は残っている状態だと思います。

なので、生えてくる毛は脱毛前よりも圧倒的に少ないものの、多少生えてくるのは仕方ないのです。

 

産毛が生えている状態を除いて「全く毛が生えてこない状態」まで持っていくには、どの部位であっても「6~8回」程度は脱毛に通う必要があるので、これだけは覚えておいて下さい。

※効果の弱く「減毛」しかできない光脱毛なら、15~20回(約2倍)は通わないとその状態にはならない

気にならないレベルだから「綺麗な状態が保てる」と言っても過言ではない

さんざん「産毛は生えてくるし、成長期の毛を100%脱毛するのは難しいよ!」と言ってしまったので、

「なんだか脱毛ってめんどくせーなーオイ!」と思われたかもしれません。

が!

産毛なんてまぁ気になりませんし、しっかりと脱毛施術を何度も受けておけば、「また毛が生えてきたよ・・・」なんてことにはなりません。

 

なので、脱毛完了したあとは「無毛の綺麗な状態が保てる」と言ってもいいと個人的に思います。(医学的には分からないけど)

脱毛に持続性はちゃんとあるので、難しいことは考えずに脱毛を体験してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です