最強に毛深い・剛毛な男性は「医療レーザー脱毛」がオススメな3つの理由!

「脱毛したいけど剛毛だから、ちゃんと綺麗になるのか正直不安…」

「毛が濃いからこそ、向いている脱毛方法とかあるんじゃないの…?」

 

お答えしましょう!

毛深くて剛毛なあなただからこそ、「脱毛クリニックの医療レーザー脱毛」が向いているんです!

今回は、剛毛男性に医療レーザー脱毛がオススメな3つの理由を紹介したいと思います。

①毛が濃くて剛毛なほうが効果が出やすい

剛毛な男性ほど医療レーザー脱毛がオススメ

脱毛は、メラニン色素(黒色)に反応することで、毛の細胞を破壊でき、脱毛効果が期待できます。

そのため、毛が濃くて剛毛な人のほうが、毛が薄い人よりも効果が高く、1回の脱毛効果が大きいのです。

 

医療レーザー脱毛であれば、毛が薄い人と比べても「通う回数や完了までの必要期間」が変わらないので、剛毛な人でも短期間で脱毛を終わらせることができます。(最初の脱毛効果が高いから)

②医療レーザー脱毛のほうが「通う回数・期間」が少なくなる

医療レーザー脱毛のほうが短い期間で綺麗になる

光脱毛は医療機関ではないので、脱毛機器の「照射レベルが低い」のが特徴です。

そのため、毛が太くて濃い、もしくは多い場合には効果がでにくく、剛毛な人には正直向いていません。

 

チマチマと毛の細胞にダメージを与えることしか出来ないので、通う回数も格段に多くなり、毛を駆逐するまでに長い時間が必要になってしまいますからね・・。

それに、自分自身で「毛が薄くなってきたな、脱毛してよかった!」実感できるまでが遅すぎて、根気よく通えない人は「脱毛を諦める」という事態にも陥ってしまうと思います。

 

毛が濃いほど脱毛完了までに時間がかかってしまうのは「光脱毛」での話で、医療レーザー脱毛であれば「逆に毛が濃いほうが」短い期間で脱毛できます。

そのため、あえて不向きな光脱毛(脱毛サロン)を選ぶのは勿体ないですね。

※痛みが弱い光脱毛を選ぶという選択肢もありますが、医療レーザー脱毛でも「麻酔」を使えば痛くありません。

③光脱毛だと肌荒れ時に「脱毛不可」になりやすい

光脱毛だと肌荒れ時に施術不可になりやすい

医療レーザー脱毛を行っている「脱毛クリニック(医療)」は、医師の診断や看護師さんの施術が受けられます。

肌荒れしている部分があっても、そこを除いてギリギリまで施術してもらえますし、トラブル時にも対応してもらえます。

 

対して、光脱毛を行っている「脱毛サロン(エステ)」は、エステティシャンの診断や施術になります。

医師がおらず医療行為は行えないため、トラブル時には対応してもらえず、また肌荒れがあると「脱毛不可」になる範囲が広くなってしまいます。

例:光脱毛は、少しでも赤みがあって「トラブルに繋がる可能性」があると「施術不可」になる。

 

私自身もそうですが、剛毛な人って「普段のカミソリ負けなどで肌トラブルが起きやすい」ですよね。

ヒゲ剃りでも替え刃を定期的に交換しないと剃れなくなるし、クリームを塗らないとすぐに血が出ちゃったりもします。

 

そういった人が「光脱毛」を受けると、ちょっとした肌荒れで「ここは脱毛できませんね」と言われてしまうので、正直いうと計画的に脱毛が進まないのです。

また毛が薄い人よりもトラブルになりやすいため、医療機関である「脱毛クリニック」で、医療レーザー脱毛を受けるほうがオススメなのです。

脱毛サンタ
剛毛は大きな悩みになるし普段は辛いけど、脱毛時には「ちょっとした武器」になります。

医療レーザーは剛毛のほうが効果が出やすいので、「剛毛で得したな…(ニヤリ)」という珍しい気持ちになれますよー(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です